ブランドコンサルティング

ブランドは、消費者やファンの心や頭の中で形成されます。それを好意的に想起させるために、ブランド形成に必要な姿や理想と思える将来の在り方を築くことが、なによりも重要だと考えています。


1.ブランドは必ず存在します



  企業として、製品やサービスを展開する限り、必ずブランドは存在します。創業初期では、企業よりも製品やサービスのブランドが認識されやすい傾向にあります。しかし、事業の拡大や新規事業への進出などで、事業規模は大きくなり、次第に企業ブランドとしての認知度が高くなる転換期が訪れます。


2.ブランドは信頼関係から生まれます



  ブランドとは、企業の思いと購入者の共感とによって成り立ちます。また、強いブランド基盤を持つ企業は、製品やサービスを指示してくれる購入者のロイヤリティー(忠誠心)によって支えられています。それらの人たちは、機能や価格に極端な差がない限り、継続して購入をしてくれます。そこには、価格競争や販促行動に左右されない無形の資産価値が存在します。


3.ブランドに企業規模は関係ありません


  ブランドを構築するにあたって、企業規模は関係ありません。むしろ規模が小さいことで、ブランドを意識した製品やサービスの戦略、ひいては企業づくりが容易にでき、全社で将来像を共有することが可能です。



ブランドを守り育てていくために「体系化や構築化」は必要です。しかし、その先にあるブランディングデザインも含めた、総合的な作業が重要だと考えます。
では実際にブランド体系を設計し、それを構築するにあたり三つの分類があり、その中から、どれがが適しているのか、単独もしくは複数の組み合せが考えられます。


コーポレートブランド構築


コーポレート(企業)ブランドの体系化、その後のメインテナンスまでのコンサルタントを行い、ブランドとして軌道にに乗るまで、もしくはそれ以上の長期的に渡り「企業ブランドのホームドクター」として関われれば理想です。
具体的には、社名や理念の改訂や開発から、ブランドとしての価値の創造、そして全社員や関係者するすべての人たちに対して、ブランドについての教育や研修事業を行います。
 

プロダクト/サービスブランド構築


製品やサービスのブランドの体系化、その後のメインテナンスまで行い、ブランドとして起動に乗るまで、もしくはそれらの製品やサービスのブランドとして機能しているか、長期間に渡りコンサルタントとして関わりたいと考えています。
具体的な例としては、新しくつくる、もしくは既存の製品やサービスについての市場データ収集から、ターゲット設定の見直しや変更、コンセプト立案という初期作業から、市場に出てからの認知度や反応に対する調査、分析などをベースに製品やサービスの動向についてまでを業務として行うことが可能です。
 


環境/空間ブランド構築


街や公共施設もブランド化することが出来ます。コーポレートやプロダクト/サービスブランドと、設計から体系化に至る過程は似ている部分が多いと思います。しかし、この場合は公的ならびに社会的な観点かの意見が反映されなければならいため、有識者や専門家、もちろんその地域の住民との協同作業のなかで、ブランドを構築する部分での参加となる可能性が大きいと考えます。