KICHIGENについて

私たちがコーポレートメッセージに掲げました「後継者にとって魅力的なブランドづくり」を全ての基本に据えています。ブランドには具体的な商品やサービスのブランドから、企業ブランドのように全てを包括するものまで、幅広く存在します。
しかし、いかによいモノやサービスを提供していても、後継者がいなければ企業は存続しません。その事態を避けるために必要なこと、それが「魅力と感じるブランドをつくり後継者を確保する」ことだと考えます。
そのために「ブランド資産価値の向上」は重要です。その場合、二つの要素が必要だと考えられます。

1. ブランドを理論的に考え体系化し構築する。



  製品やサービスブランドであればコンセプトがあり、企業ブランドであれば理念があるはずです。それらがブランドの根幹を成し、枝葉に至る細部にまで「ブランドの存在意義」を体系化し、明確に理解できるよう構築する作業を指します。これを「ブランドコンサルタント」だと考えます。



2. デザインによって理論的に構築された内容を具現化して調和を持たせる。



  理論による体系化が行われただけでは不十分だと考えます。何故なら、理論は無形であり可視化することが難しいからです。その目に見えないブランドを視覚化することをデザインによって補い、理論と調和のとれたものにすべきです。これを「ソリューションデザイン」だと考えます。


この二つをわたしどもの業務として集約し「日々の生活がブランドによって向上するため」に努めることを約束いたします。

 




Copyright (C) 2015 KICHIGEN. All rights reserved.